山形の元祖冷しらーめん 栄屋本店

お店で使えるクーポン券 こちらから印刷してお持ち下さい

ウェブマガジン旅色の宮城グルメ&観光特集に紹介されました

冷しらーめん

お店紹介

元祖冷しらーめんの店 栄屋本店

お店紹介

名称 栄屋本店
住所 〒990-0043 山形県山形市本町2-3-21
電話 023-623-0766
FAX 023-623-0766
E-mail hiyashiramen@sakaeya-honten.com
代表者名 阿部 博
創業 昭和7年
事業内容 そば、ラーメン
営業時間 夏時間(3月19日~9月30日) 11:30~20:00
冬時間(10月1日~3月18日) 11:30~19:30
休日 水曜(水曜が祝日の場合は翌日休み)
※1月・8月は不定休となります
駐車場 5台

初代店主(故人)は、山形県天童市の生まれで13歳で山形の老舗そば屋で修行、 昭和7年に12年の修行後老舗そば屋から分かれて 現在地にそば屋を開業しました。
翌8年に結婚、昭和9年に長男(二代目)が生まれ戦前・戦中・戦後と家業に努めその甲斐あって借家だった店舗を昭和24年に現在の家屋土地を買い取るまでとなりました。

当初は、そば・うどん店として生計を立てていましたが、戦後時代の波に乗って昭和24年に統制解禁となった中華そばを売り出し、その味は多くの人達に知られ毎日列をなす程でした。

そんなある時、お客様から「そばの冷たいのあるのに中華そばの冷たいのは作れないか」との問いに、職人肌の初代は試行錯誤して一年がかりで 冷たいらーめんを研究した結果、昭和27年に初めてメニューとして売り出しました。
初めは不思議そうに見ていたお客様も一人また一人と口コミで食するようになり、雑誌・テレビ・新聞等の紹介で一層人気が出て徐々に観光客が来られるようになり、 今では二食入・五食入のお土産迄出る様になり山形の夏の風物詩として県外のお客様にも広く知られる様になりました。

現在77歳の二代目・54歳の三代目・23歳の四代目と家族力を合わせて店の繁栄を願い皆一丸となり力を注いでおります。

栄屋本店 店主

昭和20年代後半 旧店舗前にて 初代(下段左から2番目)、二代目(上段右側)と店舗従業員昭和20年代後半 旧店舗前にて 初代(下段左から2番目)、二代目(上段右側)と店舗従業員
冷いらーめんなど商品をインターネットでもお買い求め頂けます。元祖 冷しらーめんネットショップ